今話題の枕を徹底比較!ランキングにまとめてみました!

枕で悩んでいる症状 | 枕の比較・ランキング~肩こり 枕で悩んでいる症状 に効くおすすめ6品を徹底比較~

 

肩こり

肩こりの原因は人によって様々ですが一番多い理由として、長時間同じ姿勢でいることが挙げられます。

1日のうち長時間同じ姿勢でデスクワークをする方などはほとんどの方に経験があると思いますが同じ姿勢でいることで、体をあまり動かさないでいると使われない筋肉がどんどん固まっていくのです。

これは寝ている姿勢でもいえます。
枕のせいで寝返りがうちにくく、同じ姿勢で長時間ベッドや布団の上で過ごすことで、体の同じ位置に負担がかかります。

人間は睡眠中に何度も寝返りをうつことで、体にかかる負担を軽減しようと自然に寝返りをうちますが、低反発枕など頭が埋まってしまう枕はどうしても固定されがちになってしまい、負担を軽減するどころか、余計な負担を体に与えてしまいます。

このように長時間同じ姿勢でいることで肩こりになりやすくなるので、枕を選ぶ際には特に注意が必要です。

首こり

首こりというのは、日本人にとても多いと言われています。 理由は、頭と体の比率からいうと欧米人に比べて、体の比重が小さいので、頭を支える筋肉に負担がかかりやすくなる為です。

また、一般的に男性よりも女性のほうが首の筋力が弱いので、割合的にみても首こりは女性のほうが多いといわれています。

これを改善するためには、普段から使っている枕を見直す必要があります。 自分が気に入っていて何気なくいつも使っている枕でも、日中の首の疲れをとってくれているとは限りません。 普段から負担のかかっている首に、更に負担をかけている場合もあるのです。この場合、枕を変えることで首こりが改善されるケースがありますので心辺りのある方、是非検討してみてください。

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアは、首から頭にかけて7つの骨の連結部分を埋めているクッションの役割をする「椎間板」が何らかの理由で変形したり飛び出したりしてしまうことにより、神経などを圧迫して起きる症状で激痛を伴うことが多いといわれています。

この病気は首に瞬間的な大きなストレス(例:交通事故)や長期的な継続するストレス(例:精神的ストレス、体の歪み、睡眠不足、過労)により起きる症状で、一度なったらなかなか治りにくいのが特徴です。普段から安静にする必要があり、睡眠時の寝姿勢によっては更に悪化させることも考えられます。

頚椎椎間板ヘルニアになった際は、少し硬めで低い枕を選ぶと良いでしょう。理由は硬めの枕は頭が沈み込みにくく寝返りがうちやすいことと、低いものは首に負担をかけにくい為です。

頭痛

頭痛の原因や種類は様々で、頭痛は主に下の3種類に分けられます。

1つ目は、二日酔いや冷たいものを食べた時に起こる頭痛などですが、これは誰にでも起こる頭痛なので緊急性はありません。

2つ目に、慢性的な頭痛です。これはいくつかの種類に分けられます。 緊張型頭痛、偏頭痛、群発性頭痛などで、いくつかの原因としてストレス、過度の緊張、遺伝などが挙げられます。1つ目と違い、痛みが継続したり、かなりの激痛があったりと吐き気を催す場合も多く、緊急性があります。

3つ目に、病気からくる頭痛です。 急性肝炎、くも膜下出血、脳腫瘍、脳出血、高血圧、インフルエンザなどの病気で脳や頭部そのものに問題がある頭痛を言います。どれも、頭痛以外の病気の徴候があるので、そのサインを見逃さないようにしてください。

頭痛の主な予防策は充分な睡眠です。長さよりも質が関係してきます。

質の高い睡眠をとることで頭痛は解消されることが多く、どのケースも首や肩にストレスをためないことが大切です。私達は寝返りによって、起きている時にかかる頭の重さによる肩や首の負担を自然治癒しているといわれていますが、自分に合わない枕を使うと、寝返りがスムーズに行えず首や肩の血行が悪くなったり、逆に血管が緩くなって頭部の神経を締め付け、頭痛の原因になります。

質の良い睡眠のためには、枕は体にあったものを選びましょう。枕が自分に合っておらず硬すぎる、逆に柔らかすぎる、高すぎるものは肩・首・頭に負担をかけ、筋肉のこわばりなどにつながります。 また、昔から「頭寒足熱」というように頭を冷やすことは健康に良いとされています。 冷却材の入った枕などがそれに当ります。 最近はユニークな枕で、実際に寝て試せるものもインターネット通販では増えています。 頭痛で寝れない方は一度検討してみるのもいいかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る